« 今年はしっかりと | メイン | 招き猫選手権2020 »

2020年1月21日 (火)

約半世紀のとりとめのないつぶやき

P1210019
こんにちは。講座グループの江川です。
新年もあっという間に20日を過ぎてしまいましたが、本年もどうぞよろしくお願い致します。


2020年、どんな年になるのでしょう。
オリンピックもありますが、それよりも、
また昨年の大雨のような災害も起きることもあるかもしれない、
オーストラリアでは大変な森林火災のようですし、
ヨーロッパも昨年は異常な暑さ、
日本も雪は降らない、と、
地球環境がこの先どうなってしまうのか、
そういったことの方が心配になります。

柳田先生も書いていましたが、
私の住んでいる千葉では、1/2深夜に携帯の地震警報が鳴り、
その大きさと不安をさらに煽るような音で飛び起きました。
幸い大きな地震にはならずに済みましたが、
ああ、年明けすぐに大地震になってしまうのか…と、その一瞬本当に怖かったです。
NHKでも昨年連続で特集していましたが、
そう遠くないうちに首都圏で大地震が起きる確率は低くはないですしね。
しかし日頃の備えも必要とは言え、
3時4時というような時間帯にもし来てしまったら、
大きな火災は少なくなるかもしれませんが、
すぐには体が動かないだろうな、と、
不安というより少しあきらめに近い気持ちになりました。

もし生まれ変わるということがあるのだとしたら鳥になりたいですね。
だって地震があったら飛んじゃえばいいんですものね。

私は1970年生まれなので今年50歳になるのですが、
若かった時もこの先も、ず〜っと地面を這いつくばっていることには変わりありません。
人間ですからね。

例えば60になったら自由に空を飛べるようになるとか、
そういう仕組みでもあれば、がんばって年取るぞ、とも思いますが、
年金ぐらいしかありませんからね。
それすらもらえるのかあやしいですが。

50というと半世紀ですね。
そう考えるとなんだか重たい。
しかし成長というか成熟というか、
そういった実感は全くないですね。
上の文章のような感じですから、
多分精神年齢は19ぐらいでもう止まっていると思います。
でも体の機能はあちこちそれ相応のものになってきているという。
なかなか扱いに困る年頃です。

とりあえずこのぐらいの年齢になって一つわかったことは、
鷲田清一さんという有名な哲学者の方がおっしゃっていたことですが、
「自分がわかっていないことがわかるということが一番賢いんです」
という言葉ですね。
自分が賢いとはもちろん思っていないのですが、
とりあえず世の中のことや自然のことなど、
最終的には基本何もわからないんだな、
ということはわかってきました。
だから学問というものがあるんでしょうけれども。

新年早々、とりとめのないつぶやきになってしまいました。
とりあえず自分が小さな存在であることを自覚しつつ、
謙虚に毎日を過ごしていきたいと思っています。
生徒さんも、私と年代の近い方や、上の方もいらっしゃいますが、
多分皆さんも気持ちは17ぐらいのままだと思います。(いい意味で)
絵付けをしているときは、若い時の気持ちのままでいたいですね。
今年も楽しんで描けるように、がんばりましょう。

コメント

コメントを投稿