« 原宿の美術館 | メイン | ラスター&スクラッチ »

2019年4月15日 (月)

久しぶりにヨーロピアン

こんにちは。原宿陶画舎講師の勝俣です。
安定しない気候が続いていましたが、ようやく暖かくなりそうですね。

久しぶりにヨーロピアンの小花を描きました。私は授業で動物の講座を担当していることもあり、どうしても動物を描くことが多いのでたまにはと思い描いてみました。古い書籍のデザインを使い習作しました。三段スイーツトレーで使用するイメージで三枚セットに見えるように構図や装飾部分を考えました。

003

結論としてはとても大変でした。久しぶりにチャレンジしたことで三枚セットにしたのは苦しかったです。今回はなるべく手間を少なくしたかったので、水溶性とオイルの溶剤を使い、溶剤の性質を利用して焼成回数を減らして描こうと思いました。パディング部分を含めて絵具で描いているところで2回焼成、最後に金彩で合計3回焼成になりました。これを三枚制作したので途中から気持ちがついていかなくなりました。正直一枚仕上げた時点でお腹いっぱいという感じでした。

描き始める前はもう少し楽しめるかと思っていたのですが、苦しい時間の方が長かったです…。これからは、あまり一つのことに偏らないように色々なモチーフを適度に描こうと思いました。

コメント

コメントを投稿