« 色呉須 | メイン | 招き猫選手権終了! »

2019年1月27日 (日)

日々模索

こんにちは。原宿陶画舎講座グループの江川です。
1月も早いものでもう月末です。こんな調子であと11ヵ月、あっという間に過ぎていくのでしょうね。恐ろしいです。

色々今月中に作っておきたかった作品などが多々あるのですが、なかなか進みません。
特に4月からのコース課題作品は今月中には目途がついていないといけないので、
(この時期に言うことではないですが・・)残り数日がんばらなければと思います。

その中で、自分が担当している「線画クラブ」の作品もどうするかずっと考えていて、
ここの所ずっと、ああでもないこうでもない、ともんもんとした日々を送っております。
このコースは絵付けが全く初めての方からお入りいただけるクラスになっておりまして、
基本、ペン(線)描きと、+αの面を作る作業で作品を成り立たせる、というシンプルな構造になっています。
課題作品制作で4回、自由制作で2回、計6回を月1ペースで半年間行います。
3時間×4回の課題で出来るものを制作するというのが非常に難しく、時間が足りなさすぎても、あまり過ぎてもいけません。
程よく新鮮で、楽しめて、程よく完成度が高い。あまり単調になりすぎない。勉強する要素もそれなりに入っている。
そういうことを考えて作ってはいるのですが、まあやはり簡単ではありません。
うまくいく時は苦労せずにスッと出来上がったりするのですが、だいたいは作ってはボツ、の繰り返しです。今回はそちらのパターンですね。
最初に考えたのがこちら。

P1100726

野々村仁清という琳派の巨匠の絵柄を洋の器にアレンジしたらどうだろう、とやってみました。
でもちょっと思ったようにモダンな感じにアレンジできない気がしてきました。
これはだめそうということで、講座としてはボツです。

次に色々小皿揃えというのを考えてみました。

P1100725

西洋と和の要素をミックスさせて、色々な絵柄や文様で表現したらおしゃれで面白くないか?と。
志は高かったのですが、自分の中でハードルが上がり過ぎ、下絵より先に進めなくなりました。

で、次に角皿4枚で作る絵というのを考えました。
4枚並べて1つの絵にしてみます。まずはフリーハンドでざっと下書き。

P1100691
そしてトレーシングペーパーに写し取って、お皿の方は消してしまいます。

P1100694 ざっと下書きから直接絵付けしてしまう時も多いですが、今回は4枚のバランスを取るためにこちらのやり方にしました。
そして線描きしたのがこちら。

P1100728 このあとどう展開していくのか、大まかには考えていますが、やってみないと何とも言えません。
さすがに時間がないので、今回はこれで行くしかないと思っていますが、果たしてどうなるのか。
うまくこれが講座になっていることを願っています・・・。

コメント

コメントを投稿