« 紙の上のように描く | メイン | 風流で美しい本が入荷しました。 »

2018年8月 6日 (月)

香水瓶に盛る

こんにちは。

講師の石澤です。

香水瓶のような小さなガラス小物を描くときは、とても小さくて滑りやすいので扱いにくいですね。描いているときに手が滑って作品を転がしてしまったり、落としてしまいがちです。

Img_7308_2

せっかくの作品が台無しにならないように、小さいガラス作品を描くときは短時間でさらっと乾く速乾性の水溶性メディウムがお勧めです。

ガラスを焼成する場合、ガラスビーズはガラス焼成温度では溶けないので盛り素材の一つになってくれます。盛りとして取り入れると見た目も華やかな印象で作品をランクアップしてくれるので、プレゼントや華やかな席にお勧めの作品になりますよ。

今度の秋のセールのミニデモで、香水瓶などの小さな作品に合うような粒の細かいガラスビーズのデモを行う予定です。コラレンのような小さなガラスの粒々の華やかな盛りを取り入れたガラス作品の方法をぜひ見にいらしていただければと思います。

 

  • 9月中旬頃発売予定 粒の細かいガラスビーズ
  • 853073 パウダービーズ ¥430
  • 853074 サンドビーズS ¥430
  • 853075 サンドビーズM ¥430
  • 853076 パールホワイトビーズ ¥230

コメント

コメントを投稿