« ラスター講座と便利道具「サークルプレート」 | メイン | »

2018年7月 9日 (月)

新製品の細描き用面相筆が人気です

こんにちは。講師の松山です。

前回のブログでご紹介した細描き用の面相筆2種「白細書面相筆」と「イタチ黒軸筆」ですが、発売から大変ご好評頂いていて、やっぱり細い線を描きたい!という方は多いんだなぁ・・・ということを感じます。

発売時のデモンストレーションでもご紹介したのですが、2本は少し性質が違っていて、「白細書面相筆」は絵具の含みがとても良く、毛の真中あたりの膨らみにしっかり絵具を含ませて先端を利かせる感じの描き方に向いています。

「イタチ黒軸筆」はしっかりとしたコシ(弾力)があり、毛先の方に絵具を含ませると細い線が描きやすいです。どちらも毛先のまとまりはとても良いので描きやすいのですが、筆先のコントロールのし易さで考えると、白細書は穂先の長い面相筆に慣れた方向け、黒軸は初心者の方向けという感じでしょうか。

夏・秋の特別講座では、「筆で細い線を描く」をテーマに1日集中のテクニックレッスンを行う予定ですので、これを機に描いてみたい!という方、是非お待ちしております。(同じ1日集中講座で、江川先生のプチローズのレッスンも私の講座と連日で開講しますので、お忙しい方、遠方の方なども是非ご参加下さい!)

P1050585

コメント

コメントを投稿