« 陶絵付の小さな考察2 〈絵具を溶く〉 | メイン

2018年4月16日 (月)

焼いて便利なもの

こんにちは。

講師の石澤です。

新学期になり、いろいろな講座が始まりました。

焼いて便利なものといえば、今期の西洋本科の課題にも使われているのが盛り素材になるデコレリーフ転写シートです。

焼成後に盛りの素材になるので、上から色や金を塗ってまた焼成することが可能です。

自分で盛りをする必要がなく、既製品のようにパチッとした盛りになるのでとてもきれいな仕上がりになります。ぜひ一度試してみてください。

001_2_2

004_2_2

  • 856862 デコレリーフ転写】グラフチェック ¥980
  • 856868 デコレリーフ転写】プチオーナメント ¥1200

その他いろいろな種類のデコレリーフ転写も発売中です!

でもやっぱり自分でしっかり盛り(金下盛り)を学んでみたいという方、転写を貼った後のジュエル絵具の色の付け方などを学んでみたいという方は、初夏の特別講座で実施しますので、ご参加お待ちしています。

  • 「香水瓶のフレームを作る」
  • 募集開始は5月10日(木)昼12時から
  • A:5/22火+6/12火  B:7/12木+7/26木
  • 10-13:30 3.5H 8.500円

コメント

コメントを投稿