« 陶絵付の小さな考察① 〈素材=染み込まないこと〉 | メイン | 春になったら使いたい »

2018年2月21日 (水)

香水瓶転写紙

こんにちは。

講師の石澤です。

何年か前に香水瓶を描く特別講座をやったのですが、その時にいろいろな香水瓶を参考にしました。

Img_5469

主にフランスやアメリカのアンティークのものが多かったのですが、香水瓶やそのラベルにしても、大量生産らしい素朴な瓶にしても一つ一つが小さいのにとても細部にまでこだわった繊細な作りで驚きました。香水瓶を集めた展示会などが頻繁に催されるのも肯かされます。ラベルにミュッシャ、ビンにラリックなど、今は世紀の巨匠となっている芸術家の作品が当時は一般に出回って普通に販売されていたなんてとても贅沢で素敵です。

この春、いろいろな香水瓶を集めた転写紙が新発売されます。

黒と金の2色刷りで、金属やラベル部分にすでに金が入っていたり、陰影が付いています。この転写紙を一度貼りつけて焼成した上から、香水の色などをプラスするととても華やかになります。重ねずにこのままシールを貼るだけでも香水瓶とわかるので使えそうです。

瓶の中にジュエル絵具などで色付けしてさらにガラスの透明感、立体感や金属の陰影を出すためのポイントを春のセールデモで予定しておりますので、ぜひご参加をお待ちしております。

この春新発売!

  • 855650 転写】パフュームアウトライン ¥1800

他に 851883 ジュエル】ラズベリークオーツ ¥1620などの新色も発売予定です。

 

 

コメント

コメントを投稿