« 2017年11月 | メイン | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月26日 (火)

美しいボタニカルの本

こんにちは。教材開発の遠藤です。
あともう数日で2017年も終わってしまいますね。
毎年思いますが、本当に1年早かった。。今年は(といっても6月からですが)いつも楽しみに見ていた上野動物園のシャンシャンのニュースに始まり終わった感じです。半年であんなに大きくなるものなんですね。

9784837308898_cover546x600_3

続きを読む »

2017年12月18日 (月)

虫を描く

こんにちは。

講師の石澤です。

表参道のイルミネーションが始まりました。

師走に入ると途端に忙しい感じがするのですが、そういうときの表参道のイルミネーションは心が和みますね。

私は今回の展示会に虫を描いた作品をいくつか出したのですが、虫好きだから作品に取り入れたというわけではなく、制作進行上でそのような流れになってしまいました。

虫のモチーフは陶絵付けでは珍しいモチーフというわけではなく、器に虫などの生き物が描かれてあると、動きが出て生き生きとした感じになるので、陶絵付けに取り入れることは多いです。小さいので描きやすいモチーフともいえますね。

Img_5249

続きを読む »

2017年12月10日 (日)

陶絵付制作のこころ31 〈サラダチキンだけでいいの?〉

Rimg0001
こんにちは。講座グループの江川です。
今年もあっという間に12月。

続きを読む »

2017年12月 7日 (木)

冬のセール「お雛様」

こんにちは。講師の渡辺です。

今陶画舎では冬のセール開催中です(12/5-9土曜日)。恒例の講師によるデモンストレーションですが、今回私はアウトライン転写紙を使った「お雛様の描き方」を最終日にします。転写紙は3年前に担当した「お雛様」の図案をもとにしているのですが、パーツをすべて大小にして新たに「ぼんぼり大小」をプラスしています。左の写真後ろがそのアウトライン転写紙です(小紋の転写紙2種類を着物に追加で貼っています)、その手前が制作途中の手描きです。右の写真は転写紙(花鞠の青と桜を使用)に絵具で描き足したもの。いろいろな着物の柄を合わせていると着せ替え人形で遊んでいるみたいです。Img_1040

今回白磁は陶板ですが、新しく発売された「木製フレーム付き陶板」なので壁掛けにも出来、ナチュラルな木枠なので描いた絵に合わせて塗る事も出来ます(右の写真は赤茶にペンキで塗ってあります)。

年明けには、これを使った特別講座も行いますので是非ご参加下さい。