« 陶絵付制作のこころ29 〈続・素材を把握する〉 | メイン | 秋のセール開催中! »

2017年8月28日 (月)

新しい白盛り

こんにちは。

講師の石澤です。

雨ばかり多く、あまり夏とは言えない天気が続いています。

体温のように気温が暑すぎる猛暑も困りますが、もう少し「夏!」の雰囲気がほしいですね。

 

白い盛りというと、どの盛り剤を使おうかと悩まれる方も多いのではないでしょうか。

新しく発売された「色盛り絵具 低鉛」は焼成後、艶があり、しっかり高さを出して器の生地に定着してくれる盛り剤です。

盛り剤というと、剥がれやすかったり縮んだり、高さが出なかったりとそれぞれ個性があり、使用するときなかなかこれと決められないことが多いと思いますが、こちらは作業しやすく焼成後は艶があり、定着しやすいとなかなか三拍子そろった優秀な白盛り剤です。

写真はマット絵具を塗ったマットな生地にもしっかり定着してくれて、レース刺繍のような、ジャスパーウエアのような繊細な感じになりました。

白盛りをしたいと思われている方は、ぜひ試してみてください!

007

  • 写真使用

 850845  色盛り絵具 低鉛 

 ・851102 マットパステルブルー

コメント

コメントを投稿