« 睡蓮 | メイン | 陶絵付制作のこころ27〈素材を把握する〉 »

2017年6月13日 (火)

レモンの木と書籍入荷

こんにちは、講師の渡辺です。

ベランダの植物の水やりを今日は忘れて出てきてしまいましたが、今日は梅雨前線とは関係なく少し涼しいようで、少し安心。まだ習慣づいてなくて、ついつい忘れがちです。今年はレモンの木に実がつかず、楽しみがないせいかもしれません。その代わりというわけではないのですが、レモンを描いて見ました(追記へ)。

Img_0647話は変わって、先日書籍が2冊入荷しました。「人気陶芸作家の裏技ファイル」。後述の書籍にも掲載されている作家の技法も紹介されているので和陶の方、必見です。

もう一冊「炎芸術」に色絵倶楽部の伊藤先生の特集が8ページ(!)組まれました(その後の井戸川先生も以前陶画舎で講座を担当されていました)。掲載されている他の作家も、強烈な個性あふれる絵付で精力的に活躍している方々ばかりです。今までも注目してきた方々なので、皆さんにも見て頂きたいと思います。Img_0653_2

Img_0652井戸川先生は、ここの掲載している作品にもあるカイワレや蕪、イチゴなどのモチーフを繰り返し描かれていて、装飾も銀彩を多く用いて、それが釉薬と化学反応を起こしたぽわっとした色が特徴的です。昔から変わらずシンプルな図柄で、それがかえって大胆で素敵です。以前個展で購入した器も薄い明茶色に銀彩でしたが、それが硫化して黒ずんでも風合いがよく、素敵で、大事にしています。こんな作品が描けるようになりたいと思います。

同じ頁に自分の描いたものを載せるのがすこし恥ずかしいのですが、先日描いたレモンとプルーンのマグカップ、次回夏秋の特別講座の課題にする予定です。よろしくお願いします。

Img_0645

コメント

コメントを投稿